書籍・コミックを店頭で売却した結果。

書籍・コミックを店頭で売却した結果。

こんにちは、HYPのかなこです。

160703_01

はい、ごめんなさい!!

仕事が忙しいのもあれば、私が鳥のことばかり考えているのもあれば、などなど言い訳は色々あるのですが…

とりあえず、今月はお引越しが控えておるのです!!

そんなわけで、これからも少し更新がない日があると思いますがご了承くださいませ!!

こうじ氏もこの通り。

160703_04
▲笑っているように見えますね!

写真に撮ったのを、Adobe Capture CCを使ってキャプチャしました。

スマホからAdobe Capture CCを使って、手書きイラストを簡単にパス化!

詳しいやり方はこの記事に書いてありますよよよ。

引っ越しにあたり…

今よりお部屋が狭くなるため、いらないものは売る・捨てる、とすることにしました。

今日は本を売ってきましたので、その結果について紹介していこうかと思います!

古本を売りました。

漫画を中心に、小説や実用書など、とりあえず「値段がつかないかも…?」というものまで売りました。

売った先は、近所のTSUTAYAです。

以前はネットオフで売ったのですが、感想はこんな感じ。

ネットで本を売ってみた感想

たぶん、在庫状況により買い取り価格が変動するのがすごくシビアなんだと思います。

ちょっと納得いかない価格だったのですが、キャンセルの場合は返送料がかかる。
そして買い取り価格がたぶん安い。高価買取中を謳ってるもの以外は。

そんなわけで、今回は店頭で売ることにしました。

結果…

こんな感じになりましたー!!!

160703_02

点数は多いのですが、きっとネットだと買い取り金額が付かないと思われるのが半数くらいです。
今回値段がつかなかったのは、状態がかなり悪いか中古落ち(裏にシールがある)のものなどでした。

※それ以外はほぼ美品かと思います!帯を取っておく派の二人です。

この中で健闘したのが、僕だけがいない街。
一冊200円という高さ…!!

売るかどうか迷ったのですが、完結してるからいいかなーと思って売却。
面白かったけど、読み終わって満足という理由での売却でした。

160703_03

合計点数は、コミックが103点、書籍が24点でした。

結局店頭とネット、どっちが良いの?

ネットで売るなら「高価買取中」となっているもののみ!がオススメです。

これちょっと古いかな?と思われる本なら、一冊5円または価格が付けられない、となるかなと思います。

1冊や2冊、高価買取を調べてから売るなら、ネット。

たくさんの本を一気に売るなら、店頭。

という感じでしょうか。

※あくまで個人の感想です。時期・売却内容によりとてもとても買い取り金額に差がつくかと思います。

今回は店頭で、しかも高価買取のものがあったのでこの金額になりました!

ただ前回ネットで売った際は引っ越しシーズンと被っていたので、金額が大幅に下がった可能性が高いです。

ネットで売ると、やっぱやめます!という場合にも返送料がかかるのが痛いですね。
なので、しっかり調べてからの売却をオススメします。

ただ、店頭で売るとなると、本の量が多い場合は車などが必要になります。
足がない方には、ネット販売は荷物を引き取りに来てくれるため、とても便利かと思います。

用途にあった売り方をしましょう!!

ちなみに…

値段がつかないであろう本がたくさんあって、足もあるのであれば、古紙買取の業者にもっていくのも◎

私たちはそこまで頭が回らず、普通に古新聞のみを業者にもっていったのですが、ジュース1本分くらいのお金にすることが出来ました。
燃えるゴミに出すくらいなら、ちょっとでもプラスに出来たら良いですよね!

記事一覧

HYPについて