巷で話題の映画『オデッセイ』見てきました (ネタバレなし)

巷で話題の映画『オデッセイ』見てきました (ネタバレなし)

火星への有人探査。
最近では現実世界でも実現の話題が徐々に上がってきてますが、そんな現実は一足先に実現しちゃった時代で、そんな火星で一人取り残されたらどうなっちゃうの!?っていうざっくり言うとそんなお話です。

結構映画好きなんですが、なかなか忙しくて見に行けず。
あと大した見たいモノもなく見に行ってませんでしたが、今回オデッセイのCMで、火星で植物作ってニヤニヤしているマットデイモンがすごく面白そうだったので、見に行くことに決めました!

もちろん2Dです

僕はもう絶対字幕派なんです。吹き替えダメです。
なんか声優さんがマッチしてない事があって、世界観に入りこめないんですよね。
ですが、3Dは好きなんで、是非字幕の3Dが見たいですね。関東とかでかいところはあるのかな。

初めての最後列真ん中

まぁコアユーザーはそうなのかもしれませんし、ココ!という席は人それぞれ決まっているのかもしれませんが、先日スターウォーズ公開初日に最後尾真ん中を予約したのにも関わらず体調不良で行けなかった知り合いの方を見習って今回予約してみました。

やばいです。景観が

めちゃくちゃいいです!スクリーンがちょうど視界の端から端に収まって、サイズも丁度良く見やすさ抜群でした。次からは絶対予約してここにします。

・・・

ええ、知ってますよ。旭川は予約しなくても意外に取れたりします。そこ突っ込んでくれなくていいです。

見どころは絶望感

だって考えてみて下さい。誰も居ない(と思うよ)火星で独りぼっちですよ。
何より酸素ないですよね。苦しくて生きていけないです。宇宙服なかったら終わりです。
一番つらいのは話し相手が居ないです。寂しくて死んじゃいます。ウサギの比じゃないです。

そんな中で『よし!家庭菜園やるで!』なんて考えれるのはさすが宇宙飛行士だなぁと思いました。

広大なスケールがより絶望感

宇宙は何が怖いって『何も無さ』が怖いですよね。
真っ暗な世界がどこまで行っても真っ暗で、『どこまで』っていう事を考えると『あぁぁぁぁあああああ!』ってなります。
そんな何もない広大で今にも発狂しそうな環境で生き抜こうとする姿は実に見ごたえがありました。

とりあえずなんか映画見てたら『ゼロ・グラビティ』思い出しちゃって、『あぁ宇宙投げ出されたらどうしよ』なんて考えながら見てました。

主役のマット・デイモン

主役は、ジェイソンボーンでお馴染みのみんな大好きマット・デイモンです。
といっても『ボーンシリーズ』でしかこの人知らないですが、非常に好きです。
劇中で、守ろうとしていた人が勝手に逃げようとした時に言っていた『ウェイ!ウェイウェイウェイウェイウェイ!』っていうシーンが今でも忘れられません。

結論

宇宙好きな人は見るといいと思うよ。
CMでもお馴染みの火星で家庭菜園する一部始終は結構面白かったです。
ネタバレしないので、あんまり触れられる場所が無くてすみません。

地球外ならではのドキドキ感、緊迫感は非常に伝わって来ました。
あと僕は、基本的になんでも楽しめる人なので映画批判は滅多にしないです(笑)

次はシビル・ウォー見てくる予定です!

記事一覧

HYPについて