写真を売って、お小遣い稼ぎ!

写真を売って、お小遣い稼ぎ!

こんにちは、HYPのかなこです。

カバー画像出演:ゲス顔になったうちのインコ。

以前からPIXTAを使って自分で撮影した写真・イラストを売るという
いわゆる「ストックフォト」をしていたのですが、
今回機会があってAdobeStockにも登録しました!

まだ歴は浅く、枚数もそこまで出してないのですが、現状で私がストックフォトに対して思う事などをまとめてみようと思います。

PIXTAメインのお話になると思いますが、よろしくお願いします。

どんなストックフォトを出してるの?

私が出しているストックフォトは、モデル以外のいわゆる「ブツ撮り」になります。
…ブツ撮りって一般的な言い方なんでしょうか?笑
その中でも、
・観光写真・風景写真などの旅の中で撮影する写真
・白背景にし、シンプルにアイテムを撮影する写真
の2種類になります。

観光写真・風景写真

私が住んでいるのは、北海道の旭川。
旭川近辺は四季の移り変わりが豊かで、観光地もたくさんあります!
そんなわけで、撮る場所はたくさんあるのです。…が。
人気の観光地となると、競合相手も多いです。
しかも競合相手は、写真を生業としているプロもいる状態!
風景写真が得意ではない私は、人気観光地であればあるほど稼げる要素もなく…

といえども、あまり他で提供されてない場所の写真や、タイミングが重要な写真などはお買い上げいただくこともあります!

売れ筋がこちら。

20064243

(c)HYP 写真素材 PIXTAー

旭山動物園の写真です。写真としてはスゴイ!というものではないと思いますが、ペンギンが頭上を飛んでいる瞬間を撮れたのが売れた要因かと思います。
旭山動物園自体の写真は豊富にありますが、こういう「シチュエーション狙い」の写真であればカメラの腕はさておき、需要は見込めるかなと思います。
特に映画にもなった部分なので、認知度も高いですしね。

22933094

(c)HYP 写真素材 PIXTAー

こちらもよくある風景写真だと思うのですが、四季の塔に登って撮ったのが需要のある要因なんじゃないかと思います。
普通に美瑛を撮ったら、写真が趣味の人に負ける気がします(笑)。

19615688

(c)HYP 写真素材 PIXTAー

これは完全に狙いに行きました。観光のついでに撮ったシロモノではございません。
季節・天候・時間など、風景写真を撮るのが好きな方なら普段から考慮している部分になるのでしょうか。

アイテム単品撮り

お次は、白背景などを使ったアイテム単品にスポットを当てた写真です。

家のものを使って背景にすることもあれば、ロールスクリーンを使って真っ白にして撮影するものもあります。
どっちにするかは使う用途次第なのかな…
今の家に引っ越してからは、白背景ばっかりですね。今の部屋だと生活感がバリバリ出てしまうので…。
この単品撮りは、風景写真のようについで撮影のものはありません。

考えているのは、ECサイトのバナーに使えそうな画像。
日々の業務に当てはめて写真を撮ることができるので、「こんなのあったらいいな~」を仮想して撮影しています。

15158813

(c)HYP 写真素材 PIXTAー

これが私の一番の売れ筋写真です。
…たぶん、今の時代の「健康志向」に当てはまってるからなのかな~と思います。
ちょうど玄米を食べてた時期なので、撮ってみよう!と思いました。
お米を扱うECサイトの業務もあったのがきっかけの一つかもしれないですね。

21036485

(c)HYP 写真素材 PIXTAー

こういう写真になると、ライバルがとても多いかと思います。
でも、「半分に開いたのが欲しかった!」「北海道産のたまねぎが欲しかった!」「このコピースペースの具合が好み!」なんて、意外とニッチなところを狙ったりも出来るかと思います。
風景写真に比べて、私はこっちの方が断然らくちん。背景も考えなくてよいし(笑)

で、実際どのくらい売れるのよ?

PIXTAへストックフォトのUPを始めたのが、2015年4月。
お小遣い程度の額ですが、一度UPしちゃえばあとは自動的に売れていくものなので、こんなものかと思っています。
はじめの一年に至っては、数千円程度の売り上げ。はじめてから半年は、まったく売れていません(笑)

正直、売り上げの7割~8割はイラストの方です!
はい、年末年始に爆売れする年賀状でございます!
なので、実際写真での売り上げは200枚、3年程度で5,000円くらいなのかな~と思っています。
それでもストックフォトは続けたい!!

PIXTAの独占販売や定額制について

悩みに悩んだ独占販売、定額制。
現状はどちらもつけておりません。

独占販売について

いっちばん最初はつけていませんでした。
何故なら、もう一つのストックフォトサイト「photolibrary」に並行して登録していたためです。
ですが、審査に時間がかかるのでやめてしまった思い出があります。
…審査基準もPIXTAの方がゆるかったのかな?あんまり覚えてないです(笑)

登録先も一つになったので、独占設定をつけることにしました。
他で登録・使用できなくなる代わりにコミッション率があがり、報酬の割合も増えるのです。

そして今は、独占設定を外していっています(笑)
自分のブログや作成するバナーなどで使いたいこともあるんですよね~。
というわけで、独占設定が解除され次第Adobe Stockにも登録を進めていこうと思っています。

定額制について

これが悩みどころ…!!
つけたり消したりを繰り返しています。
つけたら安価になってしまうけど見られることは多くなるだろうし、外せば売れた場合は高額になるし…
そんなわけで、こうじ氏からはABテストしてみたら?と言われています。
玄米の画像を2か月間定額に、2か月間外した状態で出して、差をみてみようと思います。

Adobe Stockってどうなの?

ストックフォトの大手サイトShutter Stockと提携しているAdobe Stock。
最初は敷居の高いイメージだったので、UPしてみよう!と思っていなかったのですが、PIXTAの独占販売を外すし、せっかくだからやってみよ~とチャレンジにてみました。

敷居は高い?

今のところUPしたのが白背景のフルーツ15枚ですが、NGだったのが2枚。意外とそこまでNGは出なかったイメージです。
そして出して数日で売れました!金額的にはPIXTAに比べると低いですが、海外にまで販売されるのを考えるとその分量も動いてくれるのかな~と期待しています。

今後は…

とりあえず、PIXTAの独占販売が終了後にAdobestockへの登録を進めていきたいと思います。
あと、審査に通るかわからないですが実家で焼肉をした時の写真もあるので、それも出したい!
こうじ氏に、やる前からあきらめるのはダメだと言われているので、とりあえずやるだけやってみる!
というスタンスで、ストックフォトは良いのかな~と思います。

記事一覧

HYPについて