糖負荷試験を受けてきました。

糖負荷試験を受けてきました。

こんにちは、HYPのかなこです。

先日糖負荷試験を受けてきました!

糖負荷試験を受けた理由

こちらの記事で少し書いたのですが…

妊娠8~9ヶ月、赤ちゃんが大きい!?

尿糖…(―)
血糖値(妊娠初期)…82
血糖値(妊娠中期)…73

という感じで、検査の数値的には妊娠糖尿病の気配はないのですが…。

赤ちゃんがとっても大きい…!!

大きい分には問題ない、問題があるとすれば妊娠糖尿病由来で大きくなってしまった場合。

ということで、念のため!糖負荷試験を行うことになりました。

前日の過ごし方

前回の検診で、検査の予約。

検査前日は、

・夜20時以降なにも食べない
・飲み物は水道水のみ

という感じで過ごしていました。

お水といっても、味のついたお水はNG。
お茶もOKですが、一番の安パイは水道水。

ということで、20時以降は水道水オンリーにしていました。

20時までは普段通りでOK

お水のみ!となる時間の前は普段通りの食事でOKとのことだったので、
普通にごはんを作ろうと思っていたのですが…

焼肉バイキングに行ってきました…

前日の夜に食べたもの

焼肉では

・ライス小(といっても普通にごはん茶碗にこんもりあったので、航嗣氏の茶碗へ少量移動)
・肉(牛、豚、鶏、羊など、タレ付きも辛いものも食べました)
・焼き野菜、サラダ
・アイス(シャーベットMIXみたいなの)
・ジンジャーエールとかウーロン茶少量

という感じで、特に遠慮なく普段どおりに食べました。

普段あまりジュースを飲まないので、ドリンクに爽健美茶とお水がなかったのがつらかった…!

当日の流れ

朝起きると、あんまりお腹が空いてない…

これはヤバいんじゃないか!?結果に影響出るんじゃないか!?と思いましたが、
航嗣氏の朝ごはんの準備をしているうちにちゃんとお腹が空いてきました(笑)

妊娠後期になると「お腹そんなに空いてない」→「お腹すいた」の切り替わりが早いですよね!

そんなわけで、朝イチの診察に向けて出発。
お腹が空くので、ちょっと早めに来ても大丈夫ですよ、と言われていました。

10:00 採血1回目。

血を摂った直後に、コップ一杯のサイダーを飲みます。
サイダーについては後ほど詳しく書きますね。

次が1時間後となるため、普段どおりの妊婦検診を受けます。

一度帰宅してもOKだったのですが、往復20分以上はかかるのでクリニックで待機。
置いてある本を読んだりして、時間をつぶします。
航嗣氏は検診後、車に戻りお仕事です。

11:00 採血2回目。

同じような場所からまた血を摂ります。

看護師さんから、採血しやすいと太鼓判をいただきました(笑)
私の姉は血管が出づらく、手の甲から何回もやり直しをされることもあるそうです。
甲は一番痛いらしいですね…。
太くてウキウキの血管で良かった…。

また院内で時間をつぶしつつ。

12:00 採血3回目。

これで最後!

結果は2日後に電話で確認することになりました。

検査用のサイダーってどんなの?

みなさんの検査の内容を見てると、サイダーが美味しかった!という方が圧倒的に多いようで…
旦那の先輩は「美味しくなかった!」と言っていたそうです。

私はというと、普通に美味しく飲めました!

お腹が空いてるから、甘いものが胃にしみるんだよね…。

味をいうなら、微炭酸になって甘くなったスプライトみたいな感じ。

冷やしてくれていたので、飲みやすかったです。

けど、炭酸をコップ一杯一気に飲むのはつらかった…

たぶん時間かかってもいいんだろうけど、こういうのって焦ります(笑)

ちなみに、検査用のサイダーは瓶に入っているもので
看護師さんがコップに注いで飲みやすくしてくれました。

トレーランG液 75g 225ml というもののようです。

結果

電話で検査結果を聞いたところ、

問題なし!!!!

糖尿病ではなく「ただ大きい元気な赤ちゃん」とのお言葉をいただきました(笑)

検査料金はどのくらい?

たぶん、市の補助券で行けたんじゃないかなぁ…
妊婦検診(エコーあり)を含めて、2,500円程度のお支払でした。

とりあえず、赤ちゃんが大きな理由が病気由来じゃなくて安心です!!

記事一覧

HYPについて