GWに釧路動物園 コミミズクフライト編

GWに釧路動物園 コミミズクフライト編

こんにちは、HYPのかなこです。

体重がガックリ減った後に一度ちょっと戻ったのですが、また少し減りました。
そして今日は夜ご飯を置き換えせず、お気に入りのタイカレーを食べたのでお腹も心も幸せです。

また体重が戻りますね。

コミミズクフライト

さて、今日は前回更新した「釧路動物園」ネタの続き、コミミズクフライトについてです!
フライト中の写真はNGだったので、イラストを交えながら説明していきます。

たぶんコミタン

160524_01
▲こちらがコミミズク。

メンフクロウやエゾフクロウと同じような顔の形。
パラボラの役割をしており、集音性を上げているようです。

…音であってるっけ?

「コ」ミミズクというだけあって、フクロウと比べるとかなり小さいですね!

他に数羽いたので、どの子がコミタンか解りませんでしたが、とりあえずコミミズクです!

コミタンは、民家で倒れているのを保護されたコミミズクとのこと。
年齢はわからずでしたが、最近視力が低下してきた事がわかり、今年のGWがラストフライト。

朝日新聞さんの動画で紹介!

フライト中の画像は撮れなかったので、朝日新聞さん撮影の動画をご紹介。

コミミズクフライトは、動物園内の類人猿舎で行います。
オランウータンのはなちゃんたちが見ている中、飛びます。

こちらがフライトの様子。ラストフライトの時らしいです。

本当に「目の前」で飛ぶのを見ることが出来ました!!

本当に、音がないんです。

普通なら飛んでる時の羽音が聞こえそうですが、このフライトは全く聞こえません。
スィーっと飛んでいきます。
本当にびっくりするくらい聞こえない!

160524_02
▲音も無く飛ぶコミタン。

距離が近い!

最初は動画のように座ったまま見ていたのですが、コミタンが慣れてきたということで…

立ちたい人はすたんだっぷ!!!
160524_03

手前は壁。
奥側には檻があり、チンパンジー・オランウータンがおります。

決して天井が高い屋内ではないのですが、その中を飛びます。
もちろん幅もそこまで広くないないです。廊下みたいな!

160524_04
頭の上スレスレを飛んでいきます。
背の高い人は、ほんと10cmないんじゃないかレベルの高さで飛んでいたと思います。

ぶつからないのかな?と心配になりましたが、飼育員さんによると「人間が避けるだろう」と過程して飛んでいるとのこと(笑)
信頼関係…というか、人間がおとなしく観察するのが前提でのフライトですね!

狭い空間で…

何度かのフライトで慣れた後は

160524_05
華麗にUターン!!!
この狭い中で羽をばたつかせて、キレイにUターンします。

その日は、いつもよりサービスしてUターンがたくさんの日だったようです。

止まり木に着地することなく、2周近く回ったこともありました。

コミタン、お疲れ様でした。

コミミズクフライトに行ったのが5/2だったのですが、5/5がラストフライトのことでした。
初めてコミミズクフライトを見たのですが、間近でミミズクが飛ぶさまを見れることはめったにないので、本当に貴重な体験をすることが出来ました。

ちなみに、猛禽類が人間になれることはまずないみたいですね。
むしろ人間が嫌い、というお話をされておりました。

やっぱり餌ありき、訓練ありきのフライトですね。

コミタン、お疲れ様でした!!!

最後にお決まりの…

160524_06
▲コミタンと記念撮影!!

余談ですが…

わたし、年々じゃがいもみたいになってきますね。
外見が幼児返りを起こしています。
160524_07

記事一覧

HYPについて