襟裳岬へ行ってきました。

襟裳岬へ行ってきました。

こんにちは、HYPのかなこです。

先日に更新した、道の駅記事の続きのようなものです。

道の駅スタンプラリー PART4 道東編(占冠~三石)

三石から更に南下し、目指すはえりも岬!

いざ、北海道の最南端へ!

道の駅みついしから見ると、えりも岬までの距離は65.4km。

…えりも岬に行くまでの距離で、です。

かなり遠いのですが、景色がキレイだったので特にそこまで辛い!って感じではありませんでした!

※注)助手席にいる私ならではのセリフだと思ってください。

三石からえりも岬までは、ずーっと海岸線沿いを走ります。

160914_01
▲いきなり現れる岩。岩。岩。

160914_02
▲お隣の大きな岩が、長い年月をかけてけずられて出来たものかと思います。親子岩?みたいな名前らしい。

160914_03
▲怪しい雲行き…もしかして、えりも岬の天気が悪いのかも?

ちょっと向こう側の天気を見て不安を感じました。
が、特に問題もなく…。

えりも岬、到着!

見事な快晴!!!

160914_04
▲気温は20℃を越えていたくらいかな?長袖シャツだとちょっと暑かったです。でも風はかなり強い!

160914_05
▲遊歩道を歩いて、岬の先端へ向かいます。

160914_06
▲水面に反射した太陽光がキラッキラしております。

160914_07
▲念願のえりも岬に着いて、いつもより高く飛んでおります。

岬の先端その1へ。

着きました!

160914_08
▲えり~~もの~~~はるぅは~~~あぁぁ~~

襟裳岬はアザラシの観測地でもあるようです。
ここに寄り付くことが多いみたいですね。

前回は、納沙布岬で望遠レンズを持っていかず、ラッコのくーちゃんを撮れなかったので…

160816_13
▲たぶんくーちゃん。

今回はしっかり持ってきました!

160914_09
▲先端を撮る!!!

…だけど、アザラシは見えず…。

160914_10
▲ウミウかと思いますが、海鳥たちはおりました。

そしてさらに先端へ…

どうやら、さらに先がある様子。

せっかくなのでそちらへ向かおう、という流れに。

そして道の途中で、北海道らしい生き物に出会いました。

160914_11
▲キタキツネー。望遠で撮影。

みんなマナーよく、遠巻きに見ているにとどまっておりました。

160914_12
▲街中で見かけるキツネよりも、だいぶフサフサ。栄養たっぷりな感じですね。

160914_13
▲帰り道に撮ったものですが…。かなりなが~い道を行きます。

160914_14
▲先端へ到着!…したものの、やっぱりアザラシはおらず…。

160914_15
▲行きは良い良い帰りはこわい…(北海道弁的な意味で)

辛かった…普段引きこもっているせいで、なぜか上り坂で腰がいたくなる事態に。

こうじ氏の肩に手を置きながら、元の場所へ無事帰還しました(笑)。

宗谷岬・ノシャップ岬・納沙布岬。今回で襟裳岬。

残す岬は…

白神岬が最南端になるのかな?

そちらには行きたいですね!

あとは神威岬も有名なのかな?
晴れてたら是非!!

おまけ

えりも岬を出たのが17時前。

途中で帯広へ寄ったのも大きいかもしれませんが、旭川に着いたのは23時を回っていました(笑)。
南富良野の道路が封鎖されていたので、占冠経由で帰りました。
延べ5時間程度かな?

本当は十勝の道の駅も行きたかったのですが、忠類には数分間に合わず…。

当初の予定通り出ていたら、間に合う時間でした…!

お昼ご飯としてまともに食べたのは、ぶたやき・いかやき。

夜にはめっちゃお腹が空いてしまったので、十勝といえば…な豚丼屋さん探し。

更別に有名な豚丼屋さんがあったので、そこへ行こう!と決定。
そしていざ着いたら、暗い。

…予約客のみの貸し切り営業でした。
私ら、こういうパターンが多いです。うぅ。

160914_16
▲更別のご当地キャラ。恐ろしい感じで写ってしまいました。どんちゃんという名前とのこと。

目的が道の駅+襟裳岬という旅でしたが、今回も楽しかったです!
次は十勝か網走方面かな~。

そして気になった方がいるかいないかは不明ですが…。
こうじ氏のこのTシャツ。

160914_17

こんな事が書いてあります(笑)。

160914_18

こうじ氏の父が買ってくれたのですが、道の駅の時はこれを着ていくお決まりのようになっています。

記事一覧

HYPについて