道の駅スタンプラリー PART8 その2 道央編(豊浦~伊達) + 室蘭やきとり

道の駅スタンプラリー PART8 その2 道央編(豊浦~伊達) + 室蘭やきとり

こんにちは、HYPのかなこです。
前回は島牧まで行ってきました!

道の駅スタンプラリー PART8 その1 道央編(余市~島牧)

今回はその続き、黒松内を通り過ぎて豊浦からのスタートとなります!

ちなみに黒松内付近の道の駅は、道南巡りの際に一部寄っております。

道の駅スタンプラリー PART7 その4 道南編(黒松内~留寿都)

訪問その81.とようら

日本海側から太平洋側へと移動します。

とようら
虻田郡豊浦町字旭町65番地8(国道37号沿い)


▲外観はちょっと古いかな?と思ったのですが、中はキレイ!


▲ボクシングの内藤選手って、豊浦出身だったんですね!

  • お土産店や飲食店など一通りそろっていて比較的充実な施設でした。ご当地ソフトもあるので個人的には高評価!
  • 結構広い施設!ソフトやホットスナックがある食べ物屋さんがあるのは嬉しいね~!

食べ物食べたよ

ここで久しぶりのご当地食べ物食べたよ、です!!


▲どれにしようかな~。ホタテフライ級も美味しそうです。


▲やっぱり気になるソフトクリーム!!イチゴは砂糖漬けのようで、高級なジャムみたいな感じ。

  • もう名前を見ただけで、おいしそうでした!酸味のあるイチゴとさっぱりした生ソフトのギャップが絶対おいしさです!ただ、僕はコーン派なので、カップの様な感じがちょっと食べづらかったです。
    個人評価: ★★★★☆
  • これは好きなイチゴ味!ジェラートタイプではなく、牛乳ソフトにイチゴが混じったような味ですね。ハーゲンダッツのイチゴ味がかなり近い味だと思いました。お値段は多少高いですが、これはご当地ソフトではかなり上位なんじゃないでしょうか!?ワッフルコーンが最後若干食べづらいけど、見た目もオシャレ。個人的に★★★★★

訪問その82.あぷた

お次はあぷた。
道の駅同士が近くにあると、なんだか移動も安心です。

あぷた
虻田郡洞爺湖町入江84番地2(国道37号沿い)

  • なんかパッと見の感じは、厚岸を彷彿とさせる立地の駅でした。前方は高台から一望できる海なので、見た目はGOOD!
  • 小ぢんまりとした施設ながらも、景観はすごく良いです。ちょうど良い時間に行けたんじゃないかな~と思います!ロッジ風の建物内でソフトが売ってたけど、さっき食べたばかりなので断念。

周辺の風景

だいぶ日も暮れてきました。


▲道の駅から見る噴火湾の夕日。コントラストがキレイだね~。

訪問その83.とうや湖

実は道順間違っています。とうや湖→あぷたが正解だったはず…。
既に日が暮れてしまいました。温泉街は夜を迎えておりました。

とうや湖
虻田郡洞爺湖町香川9番地4(国道230号沿い)

  • あまり印象に残らない感じですが、駐車場は広かったので運転ベタな人でもオススメ笑
    周りに特になにかあるわけではないですが、なんせ洞爺湖なので、近場の温泉に入っていくのもアリ!
  • シンプルな外観の道の駅。時間がなかったのでそそくさと退店しましたが、噴火湾ならではの食べ物や食堂があるようでした!

訪問その85.だて歴史の杜

本当は先に壮瞥へ行く予定だったのですが、もう時間がかなり危うい。
それなら閉館時間前に行けるところまで周っちゃおう!ということで、伊達へ。

だて歴史の杜
伊達市松ヶ枝町34番地1(国道37号沿い)

  • 中はスーパーか!と思わせるような野菜コーナーやフードコートもあり、お買い物も楽しめそうな施設内。
    なんかハンサム食堂?がウリなのかな。いろいろありました!
  • 物産展がめちゃくちゃ大きい!食べ物を中心に、スーパーマーケットのようにたくさんの商品が揃っておりました。藍染もあった!伊達は藍染が有名なんですね~。

明日はお仕事もあるので、室蘭で一泊。

ここにて一旦道の駅巡りは終了。
室蘭へ向かいます。


▲室蘭大橋のイルミネーションがとてもキレイだったのですが…ビックリするくらいまともに撮れてない!笑

夜はホテル室蘭ヒルズというところに一泊しました。
二人で5,000円くらいで泊まれたと思う…!
ホテル内もとてもキレイで、これはお値段以上でした。

じゃらんで安いビジネスホテル探すの、ちょっと楽しいです。

室蘭のご当地メニューといえば…

室蘭といえば!
いつか食べてみたかった、室蘭やきとりです!!

宿泊先付近の焼き鳥屋さんは下調べしていたのですが、置いてあった観光地図を見ながら再度検討。
なんと、室蘭やきとり発祥のお店があるではないですか!

そんなわけで、室蘭の輪西にある「鳥よし」さんへ行ってきました。


▲外観は、提灯がともった一軒家のようなたたずまい。良い匂いが立ち込めます。

のれんをくぐると、カウンターのみの席の真ん中で焼き鳥を焼いている様子。ご夫婦でやっているようです。
お客さんがいっぱいで座れないかな?と思ったら、席を詰めて開けてくれました!

写真撮ってもいいか奥さんに聞くと「中に入って撮ってもいいんだよ!私は撮らないでね!笑」と快諾してくれました!


▲オーダーをもらうと、冷蔵庫から肉を出して焼いてくれます。


▲タレで注文。


▲来ました~!鶏肉+ねぎではなく、豚肉+たまねぎの室蘭やきとりです。ツヤツヤのタレが美味しそう!


▲このレトロなビールグラス…!おばあちゃんちを思い出します。ビールは中と書いていますが、中ジョッキで来ます。西洋がらしと一緒に頂きます!!

  • めちゃくちゃうまい!特にタレがうまい!!玉ねぎのシャリッと感が肉と一緒に食べるととってもジューシーです!ホルモンも初めて食べたけど美味しかったよ。
  • 身がプリプリしてて美味しかった!長ネギとは違った玉ねぎの辛さと甘みが不思議な感じ。洋がらしを付けると、また味が変わります。これで100円ちょっとだった気がする。安い!!居酒屋の串が食べれなくなりますね…。
    こういう和気あいあいとした小さなところで飲むことが滅多になかったので、そういった雰囲気を始めて味わうことが出来て楽しかったです!旦那さんが焼き、奥さんがビールを注いでくれて、お客さんからもお酒をつがれて…ご夫婦の雰囲気もとても良く、知らないお客さんとも話がはずみ、知らない土地だからこそ出来る楽しみを味わえた気がします!

次回は登別周辺。

お次は壮瞥からのスタート!
オロフレ峠も通ったりなんかしてます!

記事一覧

HYPについて