Photoshopで素材の拡大⇔縮小を繰り返しても劣化させない方法

Photoshopで素材の拡大⇔縮小を繰り返しても劣化させない方法

こんにちは、HYPのかなこです。

Photoshopを使った画像加工で、こんなことをやらかした思い出はありますか?

160218_01

  • こうじ:この画像加工してこのサイズで作ってー
  • わたし:ほいよー

160218_02

  • わたし:出来たよー(ポイー)
  • こうじ:あごめん、サイズ違ったわー
  • こうじ:もっと大きくしてー
  • わたし:(ぐぬぬ…)
  • わたし:(もうトリミングしちゃったよ!大きくすると荒れるよ!)
  • わたし:(まぁいいや、バレないだろう)

160218_03

  • わたし:直したよーポイー
  • こうじ:何か画像、粗くない???
  • わたし:気のせいじゃないー?(やばいバレた)

今はこんな事はしないです。さすがにココまではやらないです。フィクションです。

拡大すると荒れる!

160218_14

Photoshopって、一度縮小しちゃうと再び大きく出来ないので、トリミングしたら最後!なところがありますよね。

トリミングを失敗すると、心も荒れてしまうものです。

修正する<面倒くさい

という構図になってしまうと、UPされたボケボケの画像を見ては「あぁ、ここで面倒くさがらなければ…。」と、罪悪感に苛まれること必至です。

スマートオブジェクトという手があります

160218_04
Photoshopには、スマートオブジェクトという便利な機能があります!
Illustratorの画像リンクに近い感じですね。

作業用の別ファイルをコッソリ作ってしまう

のが近いかな?

大きなサイズの画像をスマートオブジェクト化してしまえば、【拡大⇔縮小】を繰り返しても画像が荒れないんです。

※大きすぎる画像をスマートオブジェクトにしてしまうとデータがかなり重くなる!ので、そこは注意を。
※データが重くなるので共有するデータではNGかも。自分で管理・作成するデータで使うことをオススメします。

スマートオブジェクトの設定

これは私のやり方なのですが、
まず元データの大まかにトリミングする場所を選びます。
160218_05
実際に使う箇所よりも、若干大きめにトリミングすると良いかもしれないですね。

160218_06
【トリミングした画像】を、作成データのファイルにペーストします。
このままだと大きすぎてデータが重くなってしまうので、若干小さくしますね。

160218_07
小さくしましたら、そのサイズで確定します。
そして、その作成データの【トリミングした画像】を右クリックすると…

160218_08
【スマートオブジェクトに変換】というのが出てくるので、選びましょう。

160218_09
この変なマークが付けば、もうスマートオブジェクトに出来ております。

これで、もうサイズいじり放題です。

小さくして…
160218_10
大きくしても!!
160218_11
小さくして…
160218_12
大きくしても!!!
160218_13

※スマートオブジェクトに設定したデータよりも大きくしたら荒れるので、注意してくださいね。
160218_14

比べてみると…

では、設定してない場合と設定した場合を比べてみましょう。

小さい画像から
160218_15

ぐぐっと拡大。
160218_16

比べていただければわかるのですが、ジェンツーさんは美しいままを保っています。

いろいろ便利なスマートオブジェクト

こういう使い方だけではなく、作業用のデータも別でいじれるので色々と便利なんです。

次回は便利な使い方についても説明していきますね!!

右クリックで選ぶだけで簡単に出来るので、冒頭のようなお悩みがある場合は是非使ってみてください!

あんた、疲れたでしょ!ちょっとコレ持っていきなさい!!!

ここまで読んでくださった方、お疲れ様でした。
ジェンツーさんの大き目写真をお土産でおいていきますので、良かったらどうぞ。

記事一覧

HYPについて