色の見え方の違い。色覚異常について。その2

色の見え方の違い。色覚異常について。その2

こんにちは、HYPのかなこです。

以前こちらで色覚異常の事について触れたのですが…

色の見え方の違い。色覚異常について。

D型(たぶん)の色覚を持つこうじ氏と一緒に暮らしていく中で
これも見え方が違うのか、こんな風に見えてるのか、と思うことがたくさん出てきます。

そもそものお互いの見え方が違うので、なかなかすり合わせは難しいのですが
私の方から色覚異常を持つ人の見え方を確かめることは出来ます。

今回は、焼き肉と生肉の違い・紅葉の違いなど、こうじ氏の「区別がつきづらい色」を見るのではなく
逆に私が区別しづらい色が、こうじ氏には「同じ色味でもこんなに違って見える」ということを紹介していきたいと思います。

驚き!彼と私の見え方の違い

北海道の滝上町にある芝桜を見に行ったのですが、そこで衝撃を受けました。

建物の中にある芝桜のポスターを見て、こうじ氏はこう言いました。

  • ちょっとこのポスター、色いじりすぎじゃない?

私から見ると、外の芝桜もポスターの芝桜も大差ありません。

  • そこまでじゃなくない?そんなに変わらないよ

ですが、こうじ氏から見ると全然違う様子。

そこで、こうじ氏の持っていたiPhoneを使って見え方を確認してみました。

使ったツールは「色のめがね」というアプリ。
これの「シミュレーション」ツールを使って確かめることが出来ます。

…その時に衝撃を受けたシミュレーション画像は、残ってないです。

Photoshopを使って、どのように見え方が違ったのか再現してみたいと思います。

まずは、マゼンタの色味にちょっと変更を加えた「かなこ」の画像をご覧ください。

これが、私から見た画像になります。

左が紫に近いピンク、右がイエローに近いピンクですが、分類的には同じ「ピンク」に見えます。

次は「こうじ」の画像。

芝桜の色は、左が青っぽい色ですが、右はモノクロのようになっています。

次は、彩度を一番低くした画像を加えた「こうじ」の画像を見てみてください。

芝桜の一段階ずつ変わっているような感じですね。

では、「かなこ」の画像に同じく彩度を一番低くした画像を加えてみましょう。

こんな感じで、左と真ん中はピンクとして分類できるけど、右はモノクロに見えます。
(画像の位置が変わっているのはご了承くださいませ…)

私には同じピンクの分類に見えていたとしても、こうじ氏からは全く違う色味に見えているようです。

ちょっとしたピンクの差でも、こうじ氏には全然違うように見える

正直、色のめがねで見た時のポスターはもっと衝撃的なくらい色味が違いました!

多少は再現出来てるのかなと思いますが、この「ちょっとした」色の差がこうじ氏には全然違うように見えるんですね。

なので、色覚異常と一口にいっても、色の区別がつきづらいわけではなくて
判別しづらい色がある、ということなんでしょうね。

身近にいるからこういう事を実感できるけど、すり合わせをしないと理解するのは難しいですね。
その違いを知るのも、正直ちょっと楽しいです(笑)

区別がつきやすい色、つきにくい色

前回のまとめも記載!

例えば、一番困る場面が焼肉。

焦げ付いて質感が変わると区別もつきやすくなるのですが、
上記のように「生肉」「焼けた肉」の区別がしづらいです。

紅葉も同じく、赤と緑の差が曖昧になっているように見えます。

ですが、ブルー(赤味がかっていない)の色は見え方が近いのかなと思います。

ちなみに、こうじ氏の好きな「にゃんこ大戦争」のマタタビの色はめちゃくちゃ区別が付きにくいようです(笑)

色覚異常を持つ人の見えている景色を知る方法

以前の記事で紹介したのが、Photoshopを使って色覚の見え方を確認する方法。

校正設定から色覚の項目を選択

Photoshopでデザインする際には、この方法が有効です。

ちなみに、私にはくっきり見えるものでも、こうじ氏から見ると区別がしづらいパターンもあります。

色覚異常は緑や赤だけでなく、青の区別がつきづらい人もいます。
デザインをする上では、彩度を変えるのが一番有効だという話をどこかで見ました。

WindowsのPhotoshopショートカットだと
CTRL+SHIFT+U
で簡単に彩度を一番低くすることが出来ます。

なかなか忘れがちですが、確認していこうと思います。

ちなみに…

すっごいちなみになのですが…

本を読んでいて知ったのですが、鳥が見ている色の見え方は、人間に近いそうです。

▲うちのセキセイインコ、うなぎちゃんです。

野生の生き物だと茶色がかった色が多いですが、鳥には「極彩色」と言われる色を持つ個体もいますよね。

色とりどり(鳥だけに)な鳥がいるように見えるのは、私の見ている景色と鳥たちの見え方が近いからなんですね。

ただ、鳥には「紫外線」も見えているという話も聞きました。
そこが私の見えている景色と一番違う部分なのかな~と思いますね。
うちのうなぎは日光浴をさせると光の方から逃げ惑うのですが、紫外線のせいだったんですね!

みんな違うのが同じ

こうじ氏とわたしは同じ人間ですが、今紹介したように見え方が違います。

見え方は視覚的にわかるものなので、違いが理解しやすいです。
が、感情とかも同じだな~と思います。

お肉を見て、何を思うかは人次第。時間次第でもあります。

違って当然、差があって当たり前、その差を許容するというか、違いを認めることってとても大事だと思うんですよね。
以前勤めていた職場で、「自分の価値観だけで人を推し量らない」というような事を学ばせてもらいました。
わかりやすい「視覚的な違い」を知ることで、さらにそれを知ることが出来たのかな~と思います。

記事一覧

HYPについて