イラレが苦手だけど、手書きっぽいイラストなら簡単に描けた!

イラレが苦手だけど、手書きっぽいイラストなら簡単に描けた!

こんにちは、HYPのかなこです。

みなさん、イラレはお好きですか?

フォトショ>>>>>越えられない壁>>>>>イラレ

突然ですが、イラレはお好きですか?
私は苦手です。

前職で多少イラレを使う機会があっても、苦手すぎて全く覚えられませんでした。
(先輩、その説はスイマセンでした…アウトラインという言葉は覚えましたよ!)

最近になってようやく【嫌い⇒苦手】にクラスチェンジ出来た感じです。

そもそもイラストを描くならイラレという認識はあったのですが、フォトショばかり使っていた私にとってはイラレは本当に使いづらい。

用途が違うのだから、比べること自体間違っているのかもしれないですが…。

「何でショートカット若干違うの!?」
「何でいう事聞いてくれないの!?」

「不便極まりない!!!!!!!!!!」

みたいな感じでして。

HYPのお仕事でイラレを使わなきゃならない機会が何度かあるのですが、旦那にグチグチ言いながら使っていました。

ごめんね旦那。

フォトショ≠イラレ

でも、フォトショでイラストを描くには限界があるのです。

キレイ!なイラストタッチのものは、大体イラレ。
色塗りはフォトショでも、線画はイラレ。

素材を販売するにも、やっぱりクオリティがなきゃ売れません。当然。

そんなわけで、去年あたりから少しずつ頑張りました。

イラレ嫌いが15分でイラストを描く方法

そんなわけで、本題です。

イラレ嫌いが簡単にイラレを使う方法!!!

※フォトショ経験があって、パスをそこそこ使えるのが前提。
※Illustrator CCを使ってます。

参考になるかはわからないですが「案外簡単なんだ!」「ベンリかも!」なんて思っていただければ幸いです。

ざっくりラフ&ペン入れ

160202_01

何でもいいので、とりあえず下書き。

簡単なイラストなので、スキャナーは使わずに作成しました。

160202_02

とりあえず、ラフを参考にしながら描いていきます。
ペンツールでも良いかと思うのですが、簡単にブラシツール使っちゃいます。

160202_03

とりあえず、ラフを参考にしながら描いていきます。
手書きタッチで仕上げたいからこそ済まされる、この粗さの残るペン入れ。

はみ出したり、線を調整したい場合にはCtrl押しながらクリックとかしてモニョモニョしていきます。
もうここは感覚です。

おおまかな線のテイストを決める

160202_04

ペン入れが終わりましたら、線の調整をします。
ここがイラレ様の素晴らしいところ…!!!

とりあえず、思うがままに「これかな?」と思うペンの太さや線のタイプにしていきます。

160202_05

色んなブラシがあるので、お気に入りを見つけてください。

160202_06

ペイントブラシ。失敗すると…

160202_07

虚無

160202_08

そんなわけで、

・0.75pt
・均等
・ブラシ1

に落ち着きました。特殊なブラシは難しいものです。

線の微調整をする

160202_09
だっけっどっ きにっなるっ

鼻と口のあたりの線が、がっさがさな感じに…。

160202_10

ぐいーんとドラックしまして、気になる部分のみを範囲選択。

160202_11

これも主線と同じように、しっくりくる線を探します。

鼻と口は

・10pt
・線幅プロファイル1
・基本

にしました。

160202_12

こんな感じで、線画は完成。

もごもごしたら終わり

線画さえ終わってしまえば、あとは楽勝です。

160202_13

パスでいろぬりぬりー。
フォトショの切り取りと同じ要領で出来るよ。

線が太いので、適当でも許されます。手書き調、バンザイ!!!

160202_14

色を塗った部分だけをちょっとズラせば、それっぽく仕上がります。

160202_15

そんな感じで、以前作った素材と合わせまして完成!!!

…正直、これを売れば良かったと後悔。

自分が使う気で作らないとダメですね。反省。

以上、イラレが苦手だけど、手書きっぽいイラストなら簡単に描けた!でした!!

記事一覧

HYPについて