フォトショマジックを検証してみた。

フォトショマジックを検証してみた。

こんにちは、HYPのかなこです。

突然ですが、最近のプリクラは凄まじいことになっていますね。
プリント倶楽部から見てる世代の人間としては、恐ろしいなぁと思います。
私のプリクラを見せると、実物との差が凄まじいようでビックリされます。

さて。
カバー画像を見て既にお察しの方もいるかと思いますが。

プリクラは簡単にそれっぽい顔にすることが出来ますが、本格的にそれっぽくするといえばフォトショップ。
加工し放題です。

証明写真を撮って明るさを調整してた時に、旦那が「俺イケメンにしてね」と言っていました。
なので、ちょっと旦那の写真を借りまして(快諾してもらった)フォトショマジックについて実践してみようと思います。

※私は加工・合成が下手くそですので予めご了承ください。丁寧じゃない上に飽きっぽい。

こうじを美しく加工する

証明写真用の写真。
140306_01

ロールカーテンをスタンプで修正します。
140306_02

ちょっと顔を明るくします。
140306_03

お肌をぼかします。ここまででもだいぶ変わりますね。
140306_04

ちょっとだけ目を大きくします。
140306_05

二重にしたいのですが加工が下手なので、私のまぶたを持ってきます。
140306_07

二重になりました。ノリノリになってきました。
140306_07

なので、そのテンションのまま唇をいじります。
140306_08

ちょっとだけ顔型をいじります。顔をしゅっとさせて鼻を小さくします。
140306_09

眉毛を整えます。ちょっと細くなりすぎました。
140306_10

眉毛の位置をちょっと下げてクールにしてみようと思いました。カミソリ使った感がすごい。
140306_11

レベル補正で飛ばしたら肌の違和感なくなるかなと思って飛ばしてみました。
140306_12

出来上がり

ビフォーアフター。
140306_13

2位じゃダメなんですか?と言いそうな感じになってしまいました。
顔型をいじるのを除けば、お化粧である程度ここまで行けるという事なんでしょうね。

わたしも。

ちなみに、私も首元のシワと法令線と二重顎とガサガサの肌を直して痩せたいと思ったのでやってみました。
旦那より工程は少ないですが、ゆがみツールを使いまくっています。
ビフォーがちょっと恥ずかしいので、モノクロでご勘弁を。
140306_14

いじりまくりました。

結論:フォトショマジックは怖い。

どこまででも出来ます。

っていうか、合成という手があるので何でも出来ます。
そりゃー心霊写真番組も減ってしまうわけですね。

やろうと思えば、こうじグラビア写真集も作れちゃうかもしれないです。

ただ、加工した写真は証明写真としてNGなので、遊びの用途にとどめておきましょうね。
あと、加工は必ず本人の許可を得てからしましょうね!

楽しむ分には良いですが、やりすぎには気を付けましょう。

記事一覧

HYPについて