こんにちは、HYPのかなこです。

ECなどの大量加工向け、スピード重視白抜き。
今回は、範囲選択を使った方法を紹介していきたいと思います。

使う素材は、前回と同じく旭山動物園フィギュアでございます。

この記事の内容

範囲選択を使った白抜き

Photoshopの範囲選択で一番使うかも!?な機能、クイック選択ツール。
今回はそれを使って画像を切り抜いた白抜きの方法を紹介していきます。

流れを見るなら、動画編!

動画で紹介しております。


▲動画派はコチラから。

詳しく説明、静画編!

はい、では早速進めていきます!!

まず、トーンカーブの白色点を設定して、全体の色味を合わせます。

詳しい方法はコチラ。

Photoshopで白抜き トーンカーブ編

前のペンギンさんに対して、後ろの狼さん・子ザルさんがボケています。
なので【ペンギン】と【狼・子ザル】に分けて選択範囲ツールで切り抜いて行きます。

くっきりはっきりしたものの切り取り

まずは、ペンギンの切り取り。

ボケたディテールの切り取り

最初は、ペンギンと同じように範囲選択をします。

クイック選択ツールを使って、ぴゃっと範囲指定します。

違うのはこの部分。

元の画像を使って、影を付ける

このままでも良いのですが、より自然な感じを出すなら影があった方が良いですね。

そんなわけで、元の画像を利用して影を付けていきます。

先ほどの切り取ったもののレイヤーを結合(レイヤーやグループを選んでCTRL+E)。

その結合したレイヤーの透過部分以外の画像を選択します。

CTRLを押しながら○部分(選択したいレイヤー)をクリックすると、範囲選択できます。

範囲選択した状態で、クイックマスクモードに。ショートカットはQ

大き目ブラシで、影になる部分を選択していきます。一度影がついているレイヤーも表示させた方がわかりやすいかと思います。

もう一度Qを押し、クイックマスクを解除。すると先ほどの選択した部分とブラシで塗った部分が選択されます。

やり方はそれぞれですが…

あくまで私のやり方なので、他にも色々あるかと思います!
参考になれば幸いでございます!

まとめどうが。

解説無しで、ざっとツールを使って加工してみました。流れの参考になればと思います。