Photoshopで白抜き パスツールで切り抜き編

Photoshopで白抜き パスツールで切り抜き編

こんにちは、HYPのかなこです。

動画作成、単純に録画したものに文字を入れるだけだと思っていたのですが…
意外と時間がかかりますね。
CMとか見てたら尊敬しまくりですね。
やっぱり私は静止画の方が好きですね。
アニメより漫画派です。

パスを使った白抜き

前回お話ししたコチラ。

Photoshopで白抜き 範囲選択編

これとほぼ変わらないのですが、より精度を高めるためにクイック選択ツールではなく、パスを使って切り取りしました!

…正直、クイック選択と大差ないのですが…。
ないので、動画は文字入れなくていいよね…?
こんな感じでパス使ってるよ、で、いいよね…?

そんなわけで、やり方をざっくりご紹介していきます!

ざっくり色合わせ。

まず、トーンカーブの白色点を設定して、全体の色味を合わせます。

詳しい方法はコチラ。

Photoshopで白抜き トーンカーブ編

160525_01
▲ぴゃっと背景の白い部分を設定しちゃいます。

前のペンギンさんに対して、後ろの狼さん・子ザルさんがボケています。
なので【ペンギン】と【狼・子ザル】に分けてパスで切り抜いて行きます。

くっきりはっきりしたものの切り取り

まずは、ペンギンの切り取り。

160603_01
▲パスツールを使って、ぐりぐりっと切り抜いていきます。

160603_02
▲範囲指定したら、境界線を調整をクリック。

160603_03
▲なめらかさ・ぼかしは薄め。エッジは若干左にカーソルを動かして、範囲を少し縮小させます。

160603_04
▲範囲選択を解除して、コピーペースト。こんな感じで切り取れました。

ボケたディテールの切り取り

最初は、ペンギンと同じように範囲選択をします。

160603_05
▲パスツールを使って、ぐりぐりっと切り抜いていきます。
この際、後々使うので【ペンギン(前面のはっきりしてる方)との境目を大きめに】切り取っておきましょう。

違うのはこの部分。

160603_06
▲先ほどと違い、ぼかしをガッツリ入れます。なめらかさも入れております。

160603_07
▲範囲選択を解除、コピペ。こんな感じになります。

元の画像を使って、影を付ける

このままでも良いのですが、より自然な感じを出すなら影があった方が良いですね。
そんなわけで、元の画像を利用して影を付けていきます。

※ここは、クイック選択ツールと同じ方法です。
なので、同じ画像使っちゃうよ!

先ほどの切り取ったもののレイヤーを結合(レイヤーやグループを選んでCTRL+E)。

その結合したレイヤーの透過部分以外の画像を選択します。

160525_12
CTRLを押しながら○部分(選択したいレイヤー)をクリックすると、範囲選択できます。

160525_13
▲範囲選択した状態で、クイックマスクモードに。ショートカットはQ

160525_14
▲大き目ブラシで、影になる部分を選択していきます。一度影がついているレイヤーも表示させた方がわかりやすいかと思います。

160525_15
▲もう一度Qを押し、クイックマスクを解除。すると先ほどの選択した部分とブラシで塗った部分が選択されます。

160525_16
▲影が残っている方のレイヤーを選択。

160525_17
▲コピペしますよ。影あり画像は非表示にしました。

160603_08
▲こんな感じで完了です!(コレのみパス切り取り画像使っています)

まとめどうが。

解説無しで、ざっとパスを使って加工してみました。
…あんまりパスの精度高くないけど、こんな風にやってるんだ~的な参考になればと思います!

記事一覧

HYPについて