こんにちは、HYPのかなこです。

以前の記事でこんな内容を書いたのですが…

写真を売って、お小遣い稼ぎ!

今までPIXTA、一時期photolibraryにもストックフォトのクリエイター登録をしていたのですが

5月頃から、

Adobe Stock

に、コントリビューターとして登録しました。

国内、海外問わずにたくさんの素材(写真やイラストに限らず、各種テンプレートなど)があり、
HYPでも有料登録して活用しております。

この記事の内容

Adobe Stockのクリエイター登録ってどう?

コチラがHYPで販売中のアイテムのポートフォリオになります。

Adobe Stock 公開ポートフォリオ

ほとんど写真、一部イラストですね。

売れたもの、最近公開された写真の表示順位が上位になっているようです。

申請までの手軽さ

アップロードボタンから写真をドラッグ&ドロップor参照すれば、写真を読み込むことが出来ます。

その後、タイトルを入れ、自動で入ったタグを修正。規約にOKして提出、という流れで
割と簡単にUPすることが出来るかと思います。

タグのコピーが出来ないのがちょっと面倒だけど、CSVでアップロードも出来るようなので
大量にUPする方はCSVデータでUPすると楽ちんかもしれないですね!

…私は苦手意識で手動アップロードしております。

採用までの厳しさ

比較対象がPIXTAになりますが、個人的には採用枚数は同じくらいか、若干Adobe Stockが厳しい感じかな?

写真の画質については、Adobe Stockの方が少し厳しいかもしれないです。
ノイズがちょっとあると、LightRoomで補正しても通らない印象が強いです。
「アーチファクトの問題」でNGとなるので、その場合は元の写真が悪いと思ってあきらめます。
天気の悪い日に撮ったものなどは一発NGですね。

アーチファクトの問題

たとえば下の画像を見てみてください。100%表示にしてます。アーチファクトの問題でNGとなりました。拡大してみたら「そりゃそーだ」と思いますね。

ちなみに、PIXTAでは販売中でございます。

15157911

(c)HYP画像素材 PIXTA –

画像の美しさ、商業的アピール

「画像の美しさ、商業的アピール」などでも不採用のケースが結構あります。
何を意図して撮ったのか、本当にその意図したものが主役になっているのか、商業的に使えるものなのか。が足りないようです。

下の画像は美瑛川を撮った写真。画像の美しさ、商業的アピールでNGでした。

普通に景色を見たら「あ~ちょっと青くてきれいだな~」という感じで撮ったのですが、
今こうやって見ると角度も普通だし、青の濃い部分を狙ってないし、
下手したら「ちょっと青いその辺の川」を撮った写真になっちゃってるな~と思います。
その辺に青い川なんてないけどね!!

同じく、PIXTAでは販売中。

22979849

(c)HYP画像素材 PIXTA –

逆にAdobe StockでOKでも、PIXTAではNGなんて写真もあります。

年賀状用のテンプレートは全てNGだった…!!

PIXTAで販売中の年賀状素材。

あわよくばAdobe Stockで売ってウハウハ!なんて夢を見ていたのですが、

ファイルサイズが小さく、そもそもUP出来ませんでした…。

EPSならいけたのかな?
Photoshopで作っていたので、断念。

どんな画像が売れてるの?

一番売れてるのは、広角レンズで新居を撮った画像です。
トイレがダントツで売れています。

参考イメージ。実際は全部撮ってるよ。この時は未使用の新品だよ。

あとは、セキセイインコのうなぎの画像が一枚売れたり、ヤギの画像が売れたり、ニッチなものも動いております(笑)

で、実際のところ売れ行きはどうなの?

まず、Adobe Stockは一枚の単価が低い!!

PIXTAばっかりやっていたので、販売価格にちょっとびっくりしました。

一枚の単価は、30円~180円程度。
プランによって違うのかな?

PIXTAでは低くても110円程度、高いと900円で売れておりました。
(※クリエイターランクは一番低いかと思います)

現在の販売枚数

Adobe Stock…164枚
PIXTA…261枚

2017年5月8日からの販売状況

Adobe Stock…31枚
PIXTA…7枚(うち定額制での販売が2枚)

2017年5月8日からの販売利益

Adobe Stock…2,476円
PIXTA…2,240円(22.4クレジット 定額制を除く)

というわけで、単価は低いものの販売中の枚数に対してAdobe Stockの売れ行きが良いように思いました。

単純に、枚数を10倍に増やせば月に数千円の利益は見込めるかも、と思うと
不労収入を得る方法として頑張りたいところですね。

実はPhotoACにも登録してみたよ

PhotoACに登録してみたのですが、そもそものダウンロードが無料な分
かなりの分母がある=単価が低くても売れるようですね。

ですが、写真の著作権がPhotoACに移ることで
他のストックフォトサイトに登録出来ないため、あきらめました。
ブログでも写真が使えなくなっちゃうし!
(PIXTAでも独占販売をしていたのですが、その理由で全部解除しました。)

一枚の単価が低いのと、換金の最低金額が5,000円なので
かなりの枚数を売らないとダメだな~と思ったので。

ただ、他の有料ストックフォトサイトと違ってスマホで撮った写真を販売することが出来ます。
手軽さ、採用のされやすさは断トツなのかな?と思いますので
ちょっと手を出してみようかな、という方にはオススメです。

いろんな理由でアップできなかった写真や、サイズが足りなかったものなどを
ここのHYPブログでフリー素材としてアップしていこうかなと思います。
そのうち無料写真をUPするコーナーを作っていきますので、その時はたくさん見ていただけると嬉しいです!

外出の機会が減り、カメラを使う機会も減り…

最近は外出することも減ってしまい、なかなかストックフォトが撮れておりません。
うなぎを撮るのも、たま~に撮る程度に…

だって、カメラやスマホに襲い掛かってくるんですものっ

でも、たまごも産まずに風邪も引かずに(一時期くしゃみしてたけど)元気に過ごしてくれていて何より。

上手くいけば、これからとある写真を撮る機会が増えていきますので
プロパティリリースをして、しっかりUPしていきたいと思います。

それと、4Kカメラを購入したので動画も販売してみたいな!