WordPressでブログを始めよう! ~第3回~ インストール編

WordPressでブログを始めよう! ~第3回~ インストール編

どうもこんばんは!HYPのこうじです。

今回からはさっそくWordPressを実際にインストールしていきたいと思います。
と言ってもただファイルをダウンロードしてきてFTPでアップロードするだけです。簡単ですね!

FTPを利用したアップロード

ファイルをダウンロード

まずは公式サイトからファイルをダウンロードしてきましょう。

wordpress-3-1

wordpress-3-2

解凍してアップロード

ダウンロードしたファイルを解凍し、実際に設置したい場所をアップロードしましょう。
ブログのみで利用する場合はトップフォルダへ設置しても構いませんし、それ以外で利用する事がある場合は何かしらのフォルダを作成してその中に設置するのが良いでしょう。

今回は『blog』というフォルダを作成し、その中で展開したいと思います。

wordpress-3-3

これでWordPressのインストールは完了です!簡単ですね!
続いて、WordPressで使用する為のデータベースの準備を行います。

データベースを作成

データベースの作成はWordPressを設置する環境によって異なります。
が、レンタルサーバーの場合はメニューの場所は違えど、設定に関しては概ね一緒ですので、安心して下さい。

今回はさくらのレンタルサーバーを使用した作成方法をご紹介します。
以下の設定を行い、データベースを作成します。
なお、設定項目はあとで必要になるので、覚えるかメモって置くと後々幸せしれません。

  1. データベース サーバー名
  2. データベース ユーザー名
  3. 接続パスワード
  4. データベース名

データベース設定に移動

wordpress-3-4

データベースを新規作成

データベースのパスワードはここから変更可能です。

wordpress-3-5

データベース情報を入力

色々ぼかしてますけど、なんかそれっぽいかな~と思ってやりました。特に意味はないです。

wordpress-3-6

  1. バージョンを選択します。大抵はそのままでOK。
  2. データベース名を入力。お好みでOK。
  3. 『EUC-JP』とかの場合は、『UTF-8』に変更。
  4. 最後に作成ボタンを押す。

wordpress-3-7

これでデータベースの設定が完了です!簡単ですね!
それではWordPressを利用する為の準備が完了したので、さっそくインストールを開始しましょう。

WordPressをインストール

インストールするには『ブラウザでアクセスしてインストールする方法』と、あらかじめ『サーバー側で設定してインストールする方法』で2種類あります。
どちらも大した変わりは無いので、今回はわかりやすいブラウザでアクセスしてインストールする方法をご紹介します。

WordPressをインストールするには先ほどアップロードしたURLへアクセスします。
URLは各々のサイトで置き換えてアクセスして下さいね。
このシリーズでは下記の環境例でURLで、構築していきます。

WordPress
Ver.4.5
ドメイン
http://yufimel.sakura.ne.jp/
設置フォルダ
blog
インストールURL
http://yufimel.sakura.ne.jp/blog/

言語を選択

日本語を選択しましょう。
『俺はアラビア語で行くぜ!!』もちろんOKです。

wordpress-3-8

手順を確認。

確認したら、さあ、始めましょう!

wordpress-3-9

データベースの設定

先ほど作成データベース情報をもとに空欄を入力していきます。
入力が完了したら送信を押して、次の画面のインストール実行を押して先へ進みましょう。

wordpress-3-10

wordpress-3-11

サイト情報を設定

wordpress-3-12

1. サイトのタイトル
そのままですね。お好みでOK。後で変更可能。
2. ユーザー名
ログインIDにもなります。お好みでOK。
3. パスワード
ログイン時に使用するパスワードです。お好みでOK。後で変更可能。
4. メールアドレス
WordPress内での機能上のお知らせメールが届きます。お好みでOK。後で変更可能。
5. 検索エンジンでの表示
検索園エンジンからの検索に表示させるかどうかの設定です。
最初の何も無い内は検索エンジンにインデックスされても評価は良くないので敢えてインデックスしないように、出来上がったらインデックスするように変更するのもアリです。
後で変更可能。

インストール完了

そのままログインを押すと管理画面へ移動します。

wordpress-3-13

管理画面を表示

先ほど設定したユーザー名とパスワードを入力してログインしてみましょう。

wordpress-3-14

初期準備ができた!

お疲れ様でした!
あとは単純に記事を投稿するだけでしたらもう始められます!

wordpress-3-15

最後に

レンタルサーバーの場合は、すでに地盤が構築されているので、特にインストールで困ることはほぼほぼ無いと思います。

例えばVPSだったり、自分でサーバー構築したりだと『パーミッションが違う!』とか、そもそも『wwwに接続されない!』とか色々出るときは出ます。
そういうのを考えるとレンタルサーバーは非常に便利ですね!

もっと簡単にインストールできるよ

はい!ここまで書いといて、実はもっと簡単にインストールする方法があります。
それがレンタルサーバーによって備わっているクイックインストールです。

次回は、さくらレンタルサーバーを利用したクイックインストールの方法ご紹介したいと思います。

記事一覧

HYPについて