[SublimeText3] スコープを正しく指定して、簡潔にスニペットを使う。

[SublimeText3] スコープを正しく指定して、簡潔にスニペットを使う。

とても便利なSublimeText3のスニペット機能ですが、普通に必要なスニペットをガシガシ登録していくと、予測キーワードがえらいこっちゃになりますよね。
なりませんか?あれ、僕だけですか?

スタイルシートでは使わないhtmlタグのスニペットが出てきたり、C#用に作ったスニペットがxml作成時に出てきたり・・・。
キーワードを入力してバシ!と必要なものだけ出てきてくれれば、もう候補を探す手間も省けてストレスも半減です。

スニペットに関してはこちらも合わせてご覧下さい。

[SublimeText3] スニペットを活用して作業を大幅短縮!

スコープって?

スコープとは、『このファイルにはこのスニペットを表示するよ』っていう表示させるスニペットをファイルごとに制御させる機能です。

存在自体は知っていたのですが、如何せん使い方を知らず『まぁ使えりゃいっしょ!うへへ』とかやっている内に積もり積もったスニペットがずらりと並び、どれがどれだか分けわかめ。
これはどげんかせんといかんと思い、色々調べた結果使い方を知りました。

sublimetext-scope-1

スコープの設定方法

スコープタグの追加

スコープの登録は、スニペット設定内に以下のタグを追記します。
既に入っている場合は二つ入れる必要はありませんよ。

<scope></scope>

規定値を設定

<scope />タグ内に、規定値を入力します。
例えば『htmlファイルだけに表示させたい』と言うときは『text.html』と入力します。

<scope>text.html</scope>

htmlとスタイルシートに表示させたい』と言った複数に表示させたい場合は各規定値をカンマで区切って入力します。

<scope>text.html, source.css</scope>

スコープの設定方法

設定出来るスコープは下記の通りです。
他にもあると思いますが、自分が使う範囲で(笑)

ActionScript
source.actionscript.2
AppleScript
source.applescript
ASP
source.asp
Batch FIle
source.dosbatch
C#
source.cs
C++
source.c++
Clojure
source.clojure
CoffeeScript
source.coffee
CSS
source.css
D
source.d
Diff
source.diff
Erlang
source.erlang
Go
source.go
GraphViz
source.dot
Groovy
source.groovy
Haskell
source.haskell
HTML
text.html(.basic)
JSP
text.html.jsp
Java
source.java
Java Properties
source.java-props
Java Doc
text.html.javadoc
JSON
source.json
Javascript
source.js
BibTex
source.bibtex
Latex Log
text.log.latex
Latex Memoir
text.tex.latex.memoir
Latex
text.tex.latex
LESS
source.css.less
TeX
text.tex
Lisp
source.lisp
Lua
source.lua
MakeFile
source.makefile
Markdown
text.html.markdown
Multi Markdown
text.html.markdown.multimarkdown
Matlab
source.matlab
Objective-C
source.objc
Objective-C++
source.objc++
OCaml campl4
source.camlp4.ocaml
OCaml
source.ocaml
OCamllex
source.ocamllex
Perl
source.perl
PHP
source.php
Regular Expression(python)
source.regexp.python
Python
source.python
R Console
source.r-console
R
source.r
Ruby on Rails
source.ruby.rails
Ruby HAML
text.haml
SQL(Ruby)
source.sql.ruby
Regular Expression
source.regexp
RestructuredText
text.restructuredtext
Ruby
source.ruby
SASS
source.sass
Scala
source.scala
Shell Script
source.shell
SQL
source.sql
Stylus
source.stylus
TCL
source.tcl
HTML(TCL)
text.html.tcl
Plain text
text.plain
Textile
text.html.textile
XML
text.xml
XSL
text.xml.xsl
YAML
source.yaml

まとめ

どんなに便利な機能でも、ちゃんと整理整頓(管理)されていなければ結局は使いづらいと言う事です!

僕のデスクの横にタブレットを置くテーブルを設けたのですが、結局お菓子や飲み物置き場になって機能していないのと一緒です。

しっかり必要な時に必要なモノが用意されるようにしっかり設定しましょうね!

記事一覧

HYPについて